リンクトインタレントシューションズ最新レポート、「日本企業が東南アジアで優秀人材を獲得するために知っておくべき5つのポイント」のダウンロード開始についてご案内致します。

事業規模や業界、また、進出から現地化の事業フェイズを問わず、日本企業の皆様より東南アジアの人材マネジメントについて、お問い合わせを頂く機会が多くなっております。
現地の優秀な人材を獲得し、リテンションを図っていくためには現地の人材が転職・仕事・キャリアに対してどのように考えているのかの理解が必須です。

LinkedInでは世界26カ国LinkedIn登録会員18,000名以上の就業者を対象に意識調査を行っています。
本レポートでは東南アジア3カ国の結果にフォーカスをあて、東南アジアで採用活動を行う日本企業が知っておくべき5つのポイントをまとめました。

シンガポール・インドネシア・マレーシアのプロフェッショナルの意識調査結果として下記のポイントを含む5つのポイントをご紹介

  • 転職活動に積極的: プロフェショナルの3割弱は転職活動中
  • 強いキャリア志向: 世界平均より高く米国並みのキャリア志向
  • よい職場であるという採用ブランディング: 4割以上のプロフェッショナルが「よい職場としての評判」を重要視
*資料をダウンロードするには右記フォームを入力し、サブミットボタンを押してください。

リンクトインタレントシューションズに関するお問い合わせは下記までお願いします。   japan-lts@linkedin.com.

Your form is loading...