リンクトインタレントシューションズ最新レポート、「日本企業東南アジアで優秀人材を獲得するために知っておくべき3つのポイント」のダウンロード開始についてご案内致します。

LinkedInでは世界29カ国LinkedIn登録会員20,000名以上の就業者を対象に意識調査を行いました。
本レポートでは東南アジア3カ国の結果にフォーカスをあて、東南アジアで採用活動を行う日本企業が知っておくべき3つのポイントをまとめました。

シンガポール・インドネシア・マレーシアのプロフェッショナルの意識調査結果として3つの重要ポイントをご紹介

  • 転職活動に積極的
    東南アジア3カ国ではプロフェッショナルの約35%が転職活動をしている。
  • 仕事に求めるのは給与アップとワークライフバランス
    東南アジア3カ国のプロフェッショナルが新しい仕事に望むことトップは「給与および待遇」、「ワークライフバランス」が3カ国共通でトップ2項目。
    日本における優先度と異なる。
  • ビジネスSNSを活用した職探し
    東南アジア3カ国ではプロフェッショナルSNSの普及を受け、新しい仕事を探す場所としての重要性が高まっている。
    シンガポールでは63%、インドネシアでは56%、マレーシアでは59%のプロフェッショナルが仕事探しのツールとして ビジネスSNSを活用している。

資料をダウンロードするには右記フォームを入力し、送信ボタンを押してください。

リンクトインタレントシューションズに関するお問い合わせは下記までお願いします。
japan-lts@linkedin.com.

ここで提供される連絡先情報は、弊社の製品の機能向上に向けたアンケート調査に使用される場合があります。これらの個人情報が広告主と共有されることはありません。詳しくは、 LinkedInのプライバシーポリシーをご覧ください。